C.I.N.N. Blog

C.I.N.N.の活動報告など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加者の方からのレポート!

T.C.I.F2014 コンタクト・インプロ・フェスティバル
参加者 小笠原さんのレポ (投稿シェアの許可頂きました)

レポ1.初日
触れ合うって素敵。人間の身体って柔らかくてあったかくていろんな形になれて本当に素敵♡
コンタクト・インプロビゼーション初体験してきました!!あまりのキモチ良さに調子に乗ってでんぐり返しをしたら、首がゴキッて鳴って、夜になってからジワジワ痛みが。。。4日間プログラムのまだ初日なんだけど、明日からのWS、参加できるのか???

レポ2. 2日目
1日目で首を痛めて寝返りも打てないほどだったので、今日は基本見学のつもりで参加した2日目。朝一のセッションはパスして10時からのソフィアのクラスからスタート。いつものように歩きながら空間を感じ、同じ空間にいる人々を感じ、人と人の間の距離で遊ぶところから始まって、今日のフォーカスは床とのコンタクト。まず、立った姿勢からキューをもらって崩れ落ち、完全に果てる練習。2回ほど挑戦するけど、無理があるのでキュー出し役だけをやらせてもらった。うつぶせでは脱力しにくいことや、肩とヒザがくっつくと倒れたり立ち上がったりしやすいことを学ぶ。次に身体を横たわらせ、徐々に高い姿勢になり、ついには二本足で立ち上がるのだけど、常に背骨と床と接触している肌を意識しつづける練習。尾骶骨から頭頂までの背骨に注意を払い、右手と左足の対角線状のつながりに注意を払い、軸がどのようにねじれて行くのかを感じながら床を転がって行く...
お昼をはさんで午後のクラスは、ペアで前後にぴったりくっついて歩くことで、お互いの体幹をひとつに合わせて自在に向きを変えたり速度をかえながら歩き回るエキササイズから始まった。ソフィアが私と組んでくれたので、遠慮会釈ない密着度で、特にソフィアが前で私が後ろについた時は本当になにも気遣わず考えず、まるで彼女の筋肉が自分の筋肉であるかのように次になにをするのかが分かった。その後、三人ひと組で海草のエクササイズをやった時は、組んでくれた二人の動きの滑らかさに比べると今日の私は首・肩は動かないし元々身体は堅いし、申し訳ないぎこちなさだったけど、それでも二人にちょっかい出してもらうと、自分でも驚くほど動けたし、なんだかとても安心して乗っけたり乗っかったりまでできた。
NVCのワークショップは、とかく座ったっきりで頭でっかちになりがちなので、もっと心や身体に聞けるようにと、小さなアクティビティ(木と風のワークとか)をやったりするけど、コンタクトインプロはどの要素をとっても、NVCで大切にしていることとマッチしているから、組み合わせたらすごいことになりそうだな〜とワクワク。TPPとかいろんな交渉ごと、官僚も政治家も、コンタクト・インプロのJamをやってから会議すれば全然違うアイディアとかでてきそうだな〜って思った。身長、年齢、性別、身体能力すべてを越えた人間の柔らかい生身感、素晴らしさを感じられるし、なによりもケアと信頼を体験できるから、一緒に踊った相手に、敵とか競争相手、搾取の対象...といったイメージを持つのは至難の業。なんてこともいろいろ考えた。。。
コンタクト・インプロの原点としての合気道のクラスも含め夕方6時の時点で体力の限界を感じて帰ってきたけど、まだ明日と明後日があるから、楽しもぉっと☆3日目
レポ3.3日目
今日はがんばって朝10:00から夜9:30までコンタクト・インプロ・フェスに参加。さすがにヘロヘロなので詳しいレポートは明日書くけど、ハイライトは二つ。視覚をどんどん閉ざして行って音、匂い、指先や身体で触れる感覚だけを頼りに30人がJam状態になったことと、人の腰におへそで乗り、身を預けてバナナよろしく身体を反らせながら回転して首の方へ登っていけたこと。
そして、エリカを直接は知らないけれど追悼公演でスゴイと思った...なんて話す若いダンサー・パフォーマーの方々にお会いして、めちゃくちゃエリカに会いたくなった。そろそろまた、エリカが最後の三ツ矢サイダーを飲んだ日がやってくる。。。
忘れないうちに覚えている分だけ、
午前中はAdyがリードするクラス。一日の初めと終わりには必ずサークルがあるんだけど、チェックイン代わりにAdyがみんなに聞いたのは「今、欠けていると思うもので欲しいもの」私は「柔らかさ」、多かったのは「感じること(頭で考え過ぎてしまうので)」「恐れへの対処、自信」最後に順番が回ってきたAdyが「自分は今日のプランだったんだけど、今手に入っちゃった」とにやり。ウ〜〜ン上手!と横で素直に目を丸くしているソフィアがかわいい。ワークショップ・ファシリテーションとしても学ぶこと多し。
今日はまず床に寝そべり、「さっき言った(足りない)ものが、既にここにある、と強く思ってみて」との指示。少しずつ高い位置になって、ゆ〜っくり歩き始める。「しかめっ面の人とすれ違う時はニコッと笑ってみて」それから具体的になんだったか忘れたけど、ちょっと大変なこと(恐いこと?)をするように言われて、それを笑顔でやるのとそうでない時の違いを感じてみて、と。それから二人組になり、接触しないコンタクト・インプロ。お互いのつくる空間に接触しないように入って行くことから始めて、一方が他方を言葉も接触も使わずにコントロールするよう言われる。手で始めて、次第に身体の他の部分を使うよう、相手にチャレンジするよう声がかかる。空間も動き回るし、二人の距離も近かったり遠かったり。私と組んでくれたのは、初めの質問にじっくり考えてから「ない!」と大っきな笑顔で答えたマオさん。コントロールする側される側を交互に受け持ちつつ会場の隅々まで動き回っていろんなことを一緒に、でも決して触れ合うことなくやり終わった後は、深い深いつながりを感じた。ついに「パートナーにハグしてもよし!」と指示が出た時はガッシと抱きついちゃった。二人はただ踊ったというより人生を共にした感じがした。触ってないのに。。。
休憩をはさんで後半は、前の人の腰をもってトレインになって歩くゲーム。ただし、誰かの後ろについたら目を閉じる。先頭のひとは後続のみんなの責任を引き受けつつ、走ったり曲がったり止まったり自由に動く。スピードが出て来ると後ろの人たちから悲鳴が上がる。「恐怖を感じたら、あと2歩だけ頑張ってみて。それでダメなら外れてください。」これは、恐怖に自分をコントロールさせず、ただ一緒にいる、というエクササイズだったらしい。一旦全部のトレインが解かれた後、今度は後ろに誰かにつかれたら、前の人が目を閉じる、との指示。後ろの人が前の人の安全の責任を持つ。前の人は後ろの人に信頼して、ずんずん走ったり向きを変えたり。。。
トレインゲームの次は(もう一つ目をつぶる何かがあったかもしれないけど忘れた)体育館の床の大っきな白枠の上にみんなで並び、「入りたくなったら枠の中に入って誰かとペアで踊ってください。誰かと触れ合ったら、その瞬間から二人とも目を閉じます。回りで見ている人は、目をつぶって踊っている人たちの安全を見張っていてください。危険な状況になったら助けに入ってあげて。いつも5人から12人の人が中にいるように気をつけてください。」しばらく見張り役と踊る人が入れ替わりながらダンスが進行して行ったけど、ある時点から「もう二人入って。もう二人、もう二人。。。」とどんどん人が増えてゆき、カーテンが引かれ、照明が落とされ、目をうっすら開けても何も見えない暗さに。どの肌がさっきまでのパートナーか、どの腕と足が同じ人なのか、この骨が腕なのか足なのかさえ分からなくなってとにかく(汗臭い布に包まれた)熱い血が通う肉と骨に囲まれていた。。。と思ったら次の瞬間まったく一人になって。。。終わりの合図。ものすごい寂しさの中で立ちすくんだ。

午後のソフィアのクラスのレポートはまた今度☆

スポンサーサイト

CI体験ワークショップ+ショーイング@日の出町団地スタジオ

代々木公園ジャム

今年は4月26日~29日に開催された東京・コンタクト・インプロ・フェス。
たくさんの方にご参加いただきました!写真はフェスティバル後の代々木公園ジャムの様子。

都内ではフェス以外にも定期CIクラスやジャムが開催されています。
ぜひ今後も足を運んでもらえたらと思います!

++++

今月末にC.I.N.N.メンバーの永井美里が定期クラスをもっている
日の出町団地スタジオ(北千住)にてC.Iの体験ワークショップ+ショーイングのイベントがあります。

このイベントはCIの魅力を紹介するプログラムとして、
①体験ワークショップ(約60分)、
②CI経験者によるパフォーマンス(約30分)、 
③ジャム(踊りたいひとが自由に参加し、皆で一緒にCIを踊る場です) 
の3部構成で行います。

CIが初めての方も、この機会にぜひ参加して、CIの魅力に触れてみてください!

4月に開催された体験ワークショップ+ショーイングの様子は下記リンクよりご覧いただけます。
4月CI体験WSレポート

======

コンタクト・インプロ体験ワークショップ&パフォーマンス
【協力:C.I.N.N.】 

[日時] 5/31(土)・6/1(日) 18:00~20:00 
[会場] 日の出町団地スタジオ 
   (東京都足立区日の出町27  日の出町団地1号棟103)
[アクセス] 北千住駅東口より徒歩5分 (地図

[料金] 2000円 *パフォーマンス+ジャムのみは1000円
[講師・出演] 永井美里・上本竜平(AAPA)
[出演]クリエーションクラス参加者、C.I.N.N.メンバー(高橋弘子 野村絵里)*31日のみ出演

*体験ワークショップについて:
初めての方、ダンス経験のない方にも参加可能なプログラムとして考えています。
(もちろん経験者の方も参加歓迎です)
まだ経験の浅い方や、久しぶりにやろうかなという方、
経験・年齢に関わらずいろんな方と一緒にやってみたいなという経験者の方など、
ぜひご参加ください。

*クリエーションクラスについて:
フェス終了後の5月より、毎週火曜日にコンタクト・インプロクリエーションクラスを
スタジオで開講し、ショーイングにむけてCIでの即興パフォーマンスの探求をおこなっています。
クラスレポートは下記リンクよりご覧いただけます。
第一週目CIクリエーションクラスレポート

【ご予約・お問い合わせ先】
ご参加希望の方は必ず事前にご予約ください。

日の出町団地スタジオ http://minori.aapa.jp/
【電話】070-6457-4761 
【メール】minori0627@hotmail.com (担当:永井)
*当日のお問い合わせは上記電話番号かaapa@willcom.comあてにご連絡くださいませ。

+++++



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。